お知らせ&コラム | 宮城県の住宅リフォーム・リノベーション|株式会社きくち建築工房

お知らせ&コラム

水まわりのリフォームで人気がある箇所といえば

水回り関係は築10年から15年を過ぎたあたりから何らかの不具合や損傷が見られ、リフォームを検討されるご家庭が多いです。

特にキッチン、お風呂、トイレ、洗面所の4ヶ所はリフォーム希望が多い箇所です。

キッチンは10年も経つと蛇口の水が止まらなくなってしまったり、あるいはシンク下の配管から水漏れが起こってしまうといった症状も起きがちです。

配管の取り替えを行って、一時的な改善を促すことももちろん可能ですが、やはりステンレスなどの金属素材は10年、15年使っていれば錆や腐食がありますので全て取り替えるぐらいの大きなリフォームも検討した方が良いでしょう。

10年も経つとかなり性能の良い蛇口やシンクもありますので、利便性の面から見てもとても魅力的です。

例えば、手をかざすだけで水が出る蛇口。
こういったものも10年、20年前にはなかなか普及していなかった蛇口かもしれません。

料理中に水を使えるのも良いですし、節約につながるのもうれしいポイントです。

他にはトイレも節水タイプのものや自動洗浄機能付きのものが登場しています。
自分でレバーを引く必要がありませんので、そういった部分でもかなり衛生面がアップしたと言えるでしょう。

水回り関係のリフォームならきくち建築工房にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから